制作に関するwebディレクターの役割とは?|Job Provider
HOME>特集>制作に関するwebディレクターの役割とは?

web制作に関わる職種

HOMEPAGE

web制作には様々な専門職種の人が関わっていきます。プランナーやデザイナー、プログラマーやコーダーと呼ばれる専門職種まで多くの人が関わります。そのスタッフをまとめてweb制作を進めていくのがwebディレクターの仕事になります。仕事の手順としては、まずプランナーがクライアントに対して企画をしたり、どういったものを作りたいのか聞き取りを行います。コンセプトが決まれば、デザイナーがターゲットやクライアントの希望に沿ったデザインを決めていきます。次にプログラマーが実際のサイトを構築して具体的に作ります。最後にコーダーがデザインに沿ったwebサイトを具現化していきます。この一連の作業工程がスムーズにいくように指揮していくのもwebディレクターの重要な役割となります。

未経験から始めるwebディレクターのメリット

履歴書

webディレクターの求人には未経験でも可能なものがある場合もあります。現場経験や実績が重要視される仕事ですが、未経験の人にも求められる資質が実はあるんです。それが、web制作に関する興味とコミュニケーションスキル、旺盛なチャレンジ精神なんです。実際にこの3つがあればwebディレクターの仕事はできるのです。目的や役割が制作やプロジェクトの進行管理なので、この資質を持っている人であればwebディレクターになるチャンスがあります。

現場経験がものをいう仕事

HOMEPAGE

webディレクターの評価や実績は大きな案件をこなしたことがあるというのも重要なことですが、もう1つ重要視されるのが現場経験です。こなしてきた案件の種類や量も評価や実績として見られるので、転職の際には現場経験が最も重要な要素として評価されます。また、大きな案件を任される際にも、培ってきた現場経験が必ず役に立つ仕事でもあります。

webディレクターの役割

複数の男女

webディレクターの役割として、クライアントと制作現場の橋渡しをするということがあります。また、制作に関わる全てのスタッフが同じ情報を共有できるように伝えてプロジェクトを進行させていくことがメインの役割となります。なので、クライアントとスタッフに対して相互理解がされている状態を保ち制作を進めていくことが重要になります。

広告募集中