webディレクターに必要な能力や資質についてのまとめ|Job Provider

webディレクターになるには?

webディレクターになりたいけどどうしたらいいのか分からない。そんな時はまず、webディレクターに関するよくあるQ&Aを見て参考にしてみましょう。

webディレクターに関するQ&A

webディレクターに必要な資格はありますか?

必ずないといけない資格はありませんが、デザインやマーケティングなどの幅広い業務に関わるので各分野の資格があれば役にたちますよ。

webディレクターになるには専門学校で学ぶ方がいいですか?

web制作関連の専門学校は数多くありますが、専門学校を卒業していなくてもwebディレクターになることは可能です。現場経験を積んでwebディレクターになる人も多くいますよ。

どういった人が向いていますか?

webディレクターに求められる資質として、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力などが挙げられます。なので、人と円滑にコミュニケーションがとれて、プロジェクトの進行やスタッフへの指示を出すなど全体をまとめることのできる管理能力とリーダーシップがとれる人が向いています。

webディレクターは転職がしやすい?

男女

webディレクターの仕事はプロジェクトを進めるにあたって全体に指示を出したり、管理を行うなどの幅広い業務全般になります。このwebディレクターの仕事は経験がとても役に立つ仕事でもあります。なので、キャリアアップや待遇の良い職場に転職などをする際は、経験や実績をアピールすることができればとても有利になります。クリエイターやデザイナーなど様々な専門のスタッフを管理してまとめるという特殊な仕事でもあるので、転職の際に最も重要になるのが経験年数や実績となります。

webディレクターに求められる能力

手

webディレクターに求められる能力として重要になるのが、コミュニケーション能力とプロジェクトの進行に関わるスケジュール管理能力です。この2つはwebディレクターにとっては必須となります。コミュニケーション能力の必要性としては、クライアントとのやり取りや要望を円滑に伝えることが求められます。また、案件の進捗状況や各専門スタッフの進行具合、スケジュール管理なども同時進行していく能力が求められます。

webディレクターのタイプ

履歴書

webディレクターにはいくつかタイプがあります。例えば、企画系のディレクターならマーケティングをメインで担当して行うことになります。また、アートやクリエイティブ系のwebディレクターならweb制作の全体の進行を管理するアートディレクターと呼ばれたりもします。他にも営業系のwebディレクターなら、サイトなどの制作依頼や営業も行っていきます。このようにwebディレクターも職場や専門タイプによっては業務内容が変わってくることがあります。

webプランナーやプロデューサーとの違い

パソコン

webプロデューサーはディレクター業務の他に制作費の管理などを行います。また、webプランナーの場合はクライアントとの打ち合わせや企画が主になります。それに対してwebディレクターはプロジェクトの制作、進行に関わる業務がメインとなります。

携帯販売の求人をここでチェック!

施工管理関係の求人を大公開☆

広告募集中